キオクトキロク

ここでは主に本に関しての記憶(感想)と記録になる予定。
書評やあらすじはもとより、流行り・話題の本はほとんどナイと思いますので、その点どうぞご了承ください。
家にある本の整理のために始めたものなので。
コメント・TBはご自由にどうぞ。ただし削除させていただくこともあるかもしれません。
あらすじ等を知りたい方は画像をクリックしてamazonやbk1のレビュー等をお読みください。
一応、■は読後、◇はList作成時、無印は雑記にしてあります、多分。
まだまだ全然整理が追いついていませんので、過去記事が増える可能性もあります。
よろしくご了承ください。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パソコンが起動しなくなりました。 | main | ■メトセラの子ら■ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
■スラン■
スラン
スラン

■スラン■
A・E・ヴァクト/浅倉久志訳
早川文庫/340円
1977.04.15発行/1983.07.15=11刷

1940年に書かれた作品。




今ではもう古臭いと言われてしまうかもしれない、迫害される新人類(ミュータント…と言う言葉自体もう使わないのかな?)と旧人類の葛藤を描いたもの。
「あそび玉@竹宮恵子」とかもこれに影響されたものではないだろうか。
超能力を始めとする普通と違う人々をテーマにした話にとても惹かれているので、以下しばらくこの手のものが続くかも。

生まれつき特殊能力を持っているが故に大抵とてつもなく迫害されてしまうわけだが、それでもなぜそういう能力に憧れを抱くのか。
平凡な生活に埋没されている自分にも、もしかしたら隠された能力があるかもしれないと夢を見ているのだろうか。
夢を見ていると言うよりは、夢を見たいが自分にそんなチカラや特別な才能などないと絶望し、努力もしようとしないものの言い訳か。
とりあえず、カード透視とか鉛筆浮遊とか出来ないものか試してみたりはしたものです。
あれ?
それは「幻魔大戦@平井和正」の影響だったかな?
ほんとに久しぶりに読み返しましたが、むしろ今の方が楽しく読めたかもしれません。
ところでカバーイラストが加藤直之さんだったことに、今頃気づきました(^^ゞ
家にある本を読み直そうシリーズ(SF) | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
- | 23:44 | - | - |
COMMENTS

POST A COMMENT









http://shima.jugem.cc/trackback/68

RECOMMEND

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り (JUGEMレビュー »)
C.S. Lewis, C.S.ルイス, 瀬田 貞二
映画化されるので表示してみます。
持っているのはこんなに綺麗じゃないような?
早いうちに読み直ししたいとおもいつつ。
新版 指輪物語 全7巻
新版 指輪物語 全7巻 (JUGEMレビュー »)
J.R.R.トールキン 瀬田 貞二 田中 明子
奥の深い世界です。共にハマってみませんか?
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
COUNTER
OTHERS


SPONSORED LINKS