キオクトキロク

ここでは主に本に関しての記憶(感想)と記録になる予定。
書評やあらすじはもとより、流行り・話題の本はほとんどナイと思いますので、その点どうぞご了承ください。
家にある本の整理のために始めたものなので。
コメント・TBはご自由にどうぞ。ただし削除させていただくこともあるかもしれません。
あらすじ等を知りたい方は画像をクリックしてamazonやbk1のレビュー等をお読みください。
一応、■は読後、◇はList作成時、無印は雑記にしてあります、多分。
まだまだ全然整理が追いついていませんので、過去記事が増える可能性もあります。
よろしくご了承ください。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 舞台を観るので。 | main | ■ずっと、ずっと、あなたのそばに■ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
■いま、会いにゆきます■
市川 拓司
発売日:2003/03
価格
あまなつ

2冊目です。
なるほどな〜と思う。




NET連載してきた作品を出版した、いわゆる同人誌的な前作に比べ、さすがにちゃんと編集者も居るだろうし、十分練り直してちゃんと辻妻を合わせた作品に仕上がっているとは思います。
醸し出す空気は変わらないけれど、洗練された分弱くなったと言うか……多分最初にこの作品を読んでいたら泣けたのかもしれません。
映像化されたものの方がクるかもしれませんので、機会があったら見てみたい気もします。

15歳には何があるのだろう。
色々な作品で15歳がキーポイントになっていると思う。
義務教育が終わってるから?
まかり間違っても大人とは言えないから?(昔は12-15くらいで元服だったけど、この頃の人生は50年だしな…)
顧みて自分はどうだったかと思っても、中学から女子校に入ってしまったのもあって、この作品で言うようなメッセージつき化学物質を振り撒いたり受け取ったりすることから隔離されていた気もするし。
もちろん女子校だからナイと言うわけではないのですが、どうも私は違う方向にいっちゃったような気がしますゞ
したいならそうすればイイとは思うけれど、人はこうあるべきだ、と言われるのには抵抗を感じたりもするので、もしかしたらこの作品を素直な気持ちで読めてないのかもしれないとも思います。

とりあえず次は対の本を読む予定ですが、その次に読むこの人の作品が全く違う世界であればいいなと思ってみたり。

関連商品↓

借本(市川拓司) | 20:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
- | 20:57 | - | - |
COMMENTS
えっと・・どんな話でしたっけ?←貸した本人なのに!!!
私は小さい方の本を先に読みました。
これは女性の目から見た感じなので、違ってて不思議です。
(作者も違うので違ってて当たり前ですが)
この本を読むまで、私って殆ど女性作家の本しか
読んで無かったように思います。
だから男性目線の話が目新しく思えた、初めての本でした。
Separationとカブッてる所がたくさんあったでしょ?
「あれ?」と思いながら読んだ記憶があります。
でも、世界の中心〜の片山さんの本よりは文章の書き方が好きです。
| じゃが。 | 2005/03/11 00:31 |
カブってると言うか、名前を変えてもう少し練ってファンタジーにしないようにして商業誌用に書き換えた話、って感じがしたんですけど。
女性作家しか読んでなかったの?
私は最近は女性作家も結構読むけど、学生時代とかはほっとんど男性作家ばかりだったかも。
ま、だからたまに女性作家(例えばル・グイン…でも「闇の左手」限定ゞとか)を読むと「おっ」と思ったのかも。
ミステリーとかも宮部みゆき(アガサ・クリスティも)を読んだのは随分あとになってからだし。
それまで横溝正史とかコナン・ドイルとかで、そのあとSFいっちゃったからなー。
あ、栗本薫はずっと読んでました。
女性でしたね!
| shima | 2005/03/11 09:54 |

POST A COMMENT









http://shima.jugem.cc/trackback/145

RECOMMEND

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り (JUGEMレビュー »)
C.S. Lewis, C.S.ルイス, 瀬田 貞二
映画化されるので表示してみます。
持っているのはこんなに綺麗じゃないような?
早いうちに読み直ししたいとおもいつつ。
新版 指輪物語 全7巻
新版 指輪物語 全7巻 (JUGEMレビュー »)
J.R.R.トールキン 瀬田 貞二 田中 明子
奥の深い世界です。共にハマってみませんか?
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
COUNTER
OTHERS


SPONSORED LINKS