キオクトキロク

ここでは主に本に関しての記憶(感想)と記録になる予定。
書評やあらすじはもとより、流行り・話題の本はほとんどナイと思いますので、その点どうぞご了承ください。
家にある本の整理のために始めたものなので。
コメント・TBはご自由にどうぞ。ただし削除させていただくこともあるかもしれません。
あらすじ等を知りたい方は画像をクリックしてamazonやbk1のレビュー等をお読みください。
一応、■は読後、◇はList作成時、無印は雑記にしてあります、多分。
まだまだ全然整理が追いついていませんので、過去記事が増える可能性もあります。
よろしくご了承ください。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
買っちゃった 
100809_2308~01.jpg
ふらりと寄った書店の店頭に平積みされていた上に、周りの本よりかなり低くなっていたので、つい。





実は、20…いや、30年ほど前に『ぱふ』で特集したのもまだ持っているハズ。

あれはね〜、神学校へ行ったユーリにインタビューした、なんて体のものが載っていて、当時まだ素直だった友達と私は思わず信じてしまうとこだったことを、懐かしく恥ずかしく思う今日この頃なのでありました。

ぱふ、探そうっと。
携帯から仮投稿 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
とうとう。
100111_1616~01.jpg
『グイン・サーガ』最終(130)巻が発売されてしまったんですね。
129巻との厚さの違い、わかるでしょうか?



半分しかありません。

それが余計に突然の終わりを感じさせます(涙)





実は、栗本さんが亡くなられた後に発売された分はまだ読んでいませんでした。
なかなか覚悟が出来なかったんですが、最終巻には元担当編集者で、編集長で、旦那様である今岡さんのあとがきがあり、ついつい先に読んでしまったのであります。

いよいよグインも読む日が来たのかも。



あ〜でもまずは、一緒に買ってきた少年陰陽師の最新刊から読むことにしましょう。

TVタックルちら見しながら。



そう言えば、グインの帯に告知が。
『梓薫忌―栗本薫を偲ぶ』
として、1月から小説や関連書を連続刊行するそうです。
そして何だか豪華版やフィギュアなども出ちゃうみたいです。
『完全限定』や『完全受注生産』だそうですが。
てゆ〜か豪華限定版はもう買わないぞ!
ただ画集はちょっと欲しいかも……。
とりあえず加藤さんと丹野さんしか予定には載っていませんが、天野さんのも出るのかなぁ?


ついでに。
『レダ』が新装で文庫版が一緒に並んでました。
ハードカバーで持っているんですが、ぶ厚くて重くて持って歩けなかったので、ちょうど怪我して歩けなくなった祖母の面倒をみるために田舎に行った学生時代の夏休み、周りに何もないこともあってちょうどいい機会だと持って行ったことを思い出します。
これも久しぶりに読み直してみようかな。
携帯から仮投稿 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
十二国記。
待望の新刊!?

目に飛び込んできた、通りがかりの書店の文庫本平積棚に張り出された『十二国記新作』の文字。

実際は他にも色々書いてはあったのだけれど、何せ見たいものしか目に入らないもので(^^;)
目を皿のようにして並べてある本を見たけれど、ない。
目が痛くてコンタクトを外していたのでわからなかったのかともう一度じっくり見回しても、ない。

売り切れ?


そこで初めて、張り紙の後ろに積まれた雑誌に気づきました。
張り紙にはその雑誌名は書いていなかったけれど『短編』の文字は記載されとるじゃないですか。

じゃあコレに載っているのねと、若干気落ちしながら割に厚い雑誌を手に取り中をば確認。
短っ!

短編とは書いてあるけど、それにしたってこの分量ではきっと文庫化されるまでには何作か必要だろうなぁと想像するだに難しくはない。

買うか?
いやしかし、また新たな雑誌に手をつけるのはイヤじゃ。
いやいやしかし。
そんなことを言っていたら、七宝の二の舞になるやもしれぬ。

むー。


とりあえず一晩考えてみようと思います。
携帯から仮投稿 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
携帯で読む。
パソコンの調子が悪くなったのと勤務先で規制が厳しくなったのが重なったのもあり、ブログや掲示板なんかはほぼ携帯で読むようにはなっていたのですが、小説を読むのはまた違うものでございやんすね〜(←影響受けやすいが多分間違ってる)


長らく待っていたので、既にどのくらい待っているのかもわからなくなるくらいになっていたのが『七宝綺たん(該当漢字が出ないよこの携帯)』の最終巻でありました。

新書版で刊行されていた作品で、雑誌連載は終わっていますが、その分量だけでは新書版には足りないと。
だから、書き下ろしを入れなければならないと。



あの〜もしもし?
通常連載分だけでもいっぱいいっぱいだっつーのにさ、どこにそんな余裕があるんやっ!?

そんな事情を聞いたとき、連載雑誌を買っていなかったことをどれほど悔いたことか!

規定の分量に達してなくてもいいし、それで普通の値段でもいいから出してくれぇと思いながら早幾年。
その朗報は突然もたらされました。

本好き仲間のドコモユーザーからの悲痛な叫びを伴って。


そうです。
モバイルサイトでの電子書籍配信(但しauのみ)だったのであります。

その報に接してすぐにサイトに飛び、よく読みもしないまま会員登録を済ませてダウンロードしましたともさ。

や〜しかし。
紙ベースであればあっちゅー間に読めてしまう量なれど、慣れない携帯読みには手こずり(ちょうど新刊2冊買ったばかりだったんで、そっちを先に読んでたのもある)途中まではやたらと時間がかかっちまいました。
なれど、目が慣れ、作中のキャラクターを思い出すに従って読む速度も上がるものでございます。


作品の感想は一巻から読み直してからにしようと思いますが、やっと最後まで読めて良かったです。

せっかく登録したのですから、これからも電子書籍を買ってもいいかなぁと思わなくもないですが、部屋を浸食され、家が傾こうと(実話)やっぱり本は紙ベースがいいと思うのは、やっぱり旧世代だからでしょうか。

何にせよ、この作品のおかげで初チャレンジが出来たのはよかったと思います。
一番良かったのは、布団に入って電気を消してからでも読めるってことですかね。


機種変したら、データが入ってるこの携帯貸し出すから、ちょっと待っててね〜!
携帯から仮投稿 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
予想外。
080116_2316~0001.JPG
全プレがこんな立派な本だなんて!!
(三千世界の全プレ本の5倍は厚みがあるんじゃなかろーか?)

応募〆切期限過ぎてから出すの忘れたことに気づいたんだけど、友人のアドバイスに従って、応募しといて大正解。

ありがとう、角川書店!!
続きを読む >>
携帯から仮投稿 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
予想外。
全プレがこんな立派な本だなんて!!
(三千世界の全プレ本の5倍は厚みがあるんじゃなかろーか?)

応募〆切期限過ぎてから出すの忘れたことに気づいたんだけど、友人のアドレスに従って、応募しといて大正解。

ありがとう、角川書店!!



さて。
すっかり更新が滞っておりますが、諸々着実に読んでおります。
過去に遡って、おいおい記録していこうと思います。

ほんとは年末年始休みでやる予定だったんですが、パソコンが起動しないんですよ(涙)
いよいよ買わないとダメなのかな。
何にしたらいいのかまた悩まねば。
携帯から仮投稿 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
最高の日?

みずがめ座
(2007/08/09)

金運が良好。親しい人から、臨時収入が期待できそう。セールに出かけると、思わぬ掘り出し物が見つかるかも。

総合:5
金運:5
勉強/仕事運:5
恋愛運:5
ラッキーアイテム:ミントの葉っぱ
ラッキーカラー:オレンジ



携帯から管理画面を見ることは滅多にないのですが、本当に今日はたまたま見てみたのであります。
そしたら何だかフリーの占いコーナーがリンクされてたので、これまた何の気なしにクリックしてみたワケ。

やっぱりこの『何の気なし』と言うのがいいのかしらね?

今日は午前中に現場見学会があって、何より今日から10日ばかり私のちょっと苦手な人が夏季休暇で居ない。
その上、夜は久々にある仲間が全員揃って会食予定。
それだけでもかなり、イイ感じの一日が過ごせそうではありますが、これが最高の日と言われると正直微妙な気もしますからね!
占い結果のあれやこれやがどんな風に反映されるか楽しみにしたいところであります。

ラッキーアイテムも持ってなきゃ、ラッキーカラーを一つも身につけてないけどね(カバンの内張りがオレンジではある)
携帯から仮投稿 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
抱き合わせ商法。
やめてくれないかなぁ(>_<)

初回版CDに書き下ろしミニ文庫、新刊の帯についてる応募券をコミックス化された分についてくる応募用紙に貼って(小為替封入)出してやっともらえる書き下ろしミニ文庫。
イラストが好みの絵ならば文句もないのだがねー!
全く、弱みにつけ込みやがるぜ(どんな業界でもあるけどさ…)
携帯から仮投稿 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ピクニック。
NHKのラジオはこの時間『クイズ疑問の館』と言う番組を放送している。
家に居て、ちょうど夕飯時だとこの番組をBGMにしていることが多い我が家である。
で、なんでこのBOOKカテゴリーへこんな話を送るかと言うと、タイトルにした『ピクニック』の定義について話していたから。
『ハイキング』『キャンプ』『ピクニック』の区別は何だかご存じですか?
それはまぁご自分で調べていただくとして!(笑)
『ピクニック』は「社交」がメインなんだそうです。
で、で、何を思い出したかと言うと、『夜のピクニック@恩田陸』なのであります。
なるほどな、と。



勤務先でちらっと管理画面を見たら、結構アクセス数があるようで驚いております。
なんでー?
えー、このblogも全然更新してませんけど、本は漫画も含め読んでおります。
そのうちまたまとめてupすると思いますので(いつものことながら過去に遡りますが)どうぞよろしく(^^;)


携帯から仮投稿 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |


RECOMMEND

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り (JUGEMレビュー »)
C.S. Lewis, C.S.ルイス, 瀬田 貞二
映画化されるので表示してみます。
持っているのはこんなに綺麗じゃないような?
早いうちに読み直ししたいとおもいつつ。
新版 指輪物語 全7巻
新版 指輪物語 全7巻 (JUGEMレビュー »)
J.R.R.トールキン 瀬田 貞二 田中 明子
奥の深い世界です。共にハマってみませんか?
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
COUNTER
OTHERS


SPONSORED LINKS